FC2ブログ

Slow Life Slow FX

~ダウ理論でチャートから優位性を見出す~
Slow Life Slow FX TOP  >  スポンサー広告 >  読者さんからの質問 >  11/17のエントリーについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11/17のエントリーについて

最近、週一更新でめっきり人気のなくなった僕のブログですが

久々に読者さんからの質問をいただきました^^;

というわけで、早速質問について回答してみたいと思います。



質問内容ですが、

『11月17日のエントリーですが、あそこで入れる根拠が知りたいです。
上昇の押し目拾いだと思うのですが、
私にはもう一度下に行く動きがあるんじゃないか?と思っていて入れませんでした。』

とのことですが、11/17の僕のエントリーを見てみましょか。

11/17 ドル円5分足
20161117usdjpy5m.jpg
はい、これではさっぱりわかりませんね^^;

では、順序だって大きい時間軸から僕がどのように考えてたか見ていきましょか。

ドル円日足
20161126usdjpy1d.png
11/17朝方の時点では抜くべきところを抜いてきたところですね。

抜くべきってところはラインXね。

ここを抜いてきたら買い方の次の目標はラインZとなりますが

まだ値幅もあり、ここから一気に目指す可能性もあるし、

一旦ラインXを上抜いたことによる目標達成売り(利益確定売り)が出て

押していく可能性もある。

まぁ、どうなるかよくわからないって感じですね^^;

とはいえ、ラインXを抜けてきた事実があるので

この波に対してどこまで押していく、、、調整やね。

それを見極めないといけない。

この考えってのがすんごく大事で、

今回のエントリー云々ではなくて

チャートを読み解く上での基本やね。

17日のあさまで上昇してきた波があるでしょ、

この波に対して修正波がどこまで入って、

どこから押し目買いが入って、ラインZを試す動きになるか、、、

はたまた、修正波が思いのほか強くて押し目が入れられずに

どんどん下げていって、

17日までの上昇の波に対する修正波と思っていた波が

蓋を開けてみれば週足サイズの推進派となっていた・・・・・


どちらに転ぶ可能性もあるわけ。

チャートって常にそう。

どっかの波に対する修正波はまたどっかの波の推進波のはじまりでもある・・・

うん、本題からどんどんそれていってるね^^;

ここらへんの話はダウ理論の解釈の話しになってきて

長くなるから止めとこ^^;


本題に戻るとして、、、

上位足の状況を把握しながら下位足を見てみましょ。

ドル円30分足
20161126usdjpy30m.png
前日高値ラインBから下落してきてるところで

この下落の波=修正波がどこまで差し込んでいくかを見ていくわけで

まずは白サイズの上昇の波が崩れるかどうかのラインAやね。

まぁ、この白サイズの上昇の波はラインXを上抜けてからの波なんで

なんてない波やね。

これに対してノータイムでアプローチをかけていくのはちょい危険。

次にワンサイズ大きいグレーサイズの上昇の波。

この波に対する押し目買い候補であるラインYやね。

僕はこの2本の水平線、まぁ、間隔があんましないので

ここら辺りでというザックリとした感じで反応があるかどうかを見てました。

あっ、ちなみにラインYを押し目買い候補って表現したけど、

僕がそう思ってたってことではないですよ。

あくまで教科書通りで言う“押し目買い候補”ね。

だから反応を見るわけね。

白サイズの波に対してと同様にグレーサイズの波もノータイムでは

アプローチできないんよね、それはなんでかってのは最初に書いたことね。


では、さらに下位足で反応を見てみましょ。

ドル円5分足
20161126usdjpy5m.png
東京市場が開く前にラインAを下抜けて白サイズの上昇の波は崩れました。

しかし、まだグレーサイズは崩れてないので次に見るのがラインY。

ラインY手前で一度反発しますがこの買いは続かずにA字で戻されて

ラインYにタッチしたのがC地点。

ここで僕はまだ差し込んでいく流れかなと思ってロングを狙ってる僕としては

チャンスはまだまだ先かなって感じでした。

その直後にドーーーンっと買いが入って一気にD地点まで上昇。

これは日銀が国債の指値オペを実施で円が売られたのよね、たしか。


D地点ではまだなんとも言えないので当然ロングのスイッチは入ってません。

というのも、白サイズの上昇の波を崩した売りゾーンである赤枠ゾーン内であるので

まだ様子見ですね。

で、E地点まで戻されてさらに???マークやね^^;

ただラインYを割ることなく、F→Gという動きで

高値切り下げ安値切り上げの三角持ち合いの状態。

どんどん波が小さくなっていく上で、

僕はラインYを割っていない事実、赤枠売りゾーン内のD地点からの売りに対して

再度F地点まで戻されたことを踏まえて

短期の波が落ちないということを判断できればロングで仕掛けてみたいと考えました。

ということで、1分足を見ていました。

ドル円1分足
20161126usdjpy1m.png
H地点からの下落の波がJ地点から戻り売りが入って

K地点まで下落したことによって短期の下降トレンドを形成。

しかし、この下降トレンドが続くことなくラインJを上抜け。

この動きを見てロングで仕掛けたというわけです。

では、なぜL地点のあとで仕掛けなかったのかとなると思いますが、

これは1分足の波の性質といいますか、

やっぱり1分足ってそこまで信用できない、、、というか僕はそこまで信頼してないので^^;

もう一つなんかほしい、せめてはっきり上抜けてほしいってのがあったので

まだ我慢してました。

で、M地点までA字したのちにラインJを上抜けていったので

これで仕掛けてもいいとなったのでゴーしました。




てな感じかな^^;

長々と書いてしまってわかりづらいかもしれませんね。。。

まぁ、あくまでこの時の僕の考えであって

この時の僕の環境もそうやし、これが正解なんかないわけなんで

「ふ~ん。。。」程度で見てもらったら丁度いいと思います^^;


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2016年11月27日 22:40 ] 読者さんからの質問 | TB(0) | CM(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/11/28 00:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Sigur

Author:Sigur


はじめまして!
日々チャートと睨めっこをしている30代後半の専業トレーダーです。

トレード手法はダウ理論を基軸としたレジサポ水平線のみです。
『Simple is best』です、はい!

まだまだトレーダーとしては未完成ですが、日々のトレードなどを記録していきたいと考えていますので宜しくお願いします!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

質問等ございましたら、お気軽に♪
検索フォーム
免責事項
当ブログの内容はあくまで個人的な見解によるもので、決して特定の取引を推奨するものではありません。 当該情報の為に利用者の方が損害を被った場合でも当ブログは一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。

ブログランキング
一日一回クリックお願いします♪
ブログランキングが上がると僕のブログ更新意欲もUPします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
毎度ありがとうございます!!!
FX歴2年で勝ち組!?
FX歴2年で半年間以上月間トータル負けなしの友人N君とは!?
↓↓↓↓↓
FX歴2年、友人N君の場合


これからFXを始める方や、未だに辛酸を舐めている方、必見!
僕SigurがN君に
伝えたこと・実践していること

↓↓↓↓↓
ダウ理論 全8話

エントリーの基本形①

エントリーの基本形②

自己管理
~エントリー記録をつける~


自己管理
~負けトレードは宝の山~


自己管理
~必要な損切り~


マイルール
~N君の場合~



ただいまのランキング!
ポチッとお願いします♪
VISITOR
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。