FC2ブログ

Slow Life Slow FX

~ダウ理論でチャートから優位性を見出す~
Slow Life Slow FX TOP  >  スポンサー広告 >  その他 >  エントリーの基本形②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エントリーの基本形②

エントリーの基本形はあくまで“基本”であり、

これにチャート背景などが絡んでくると考え方もさまざまになってきます。

今回はチャート背景が絡んできたときの一例について触れてみたい。



まずは簡単にエントリーの基本形について、、、

エントリーの基本形
basic entry
何かのきっかけでグレーの上昇の波についていきたいとなった場合、

グレーの上昇の波に対する修正波(白サイズの下降トレンド)が崩れたところで

その崩した波(上昇トレンドへと転換した白サイズの波)のトレンドフォローを狙って

ロングでエントリーしていく・・・


これがエントリーの基本形です。


では、グレーの上昇波のワンサイズ大きな波によって(ラインcの状況化の違い)

どのように確認すべきことが変わってくることかを見ていきたい。

ただし、下記にあげることもあくまでひとつの考え方であって

これに限らずですが・・・

basic entry2
この図はグレーの波のワンサイズ大きい波を記しました。

このワンサイズ大きい波が上昇トレンド(黄色矢印)を形成している場合と

下降トレンド(オレンジ矢印)を形成している場合とでは

そもそもの戦略も変わってきます。(レンジの場合は省きますね^^;)



◆チャート背景が上昇トレンド(黄色矢印)を
 形成している場合


グレーの上昇の波が黄色サイズの上昇の波の推進波となりますので

グレーの波の押し目買い候補であるライン に達していなくても

浅いところ(黄色サイズの波の押し目買い候補ラインWなど)から

上昇していくことも多々あるので

短期的に“エントリーの基本形”の形が出ればエントリーしていきます。


ここでエントリーの基本形が出たにもかかわらず、

高値圏であるというだけで不安になり、ライン からの上昇トレンドに転換した

白サイズの波を、さらにワンサイズ小さい波で本当にライン で止まっているかを

確認する作業をしていると、どんどんエントリータイミングが遅くなってしまいます。


そもそも、黄色矢印のようなチャート背景の場合、

グレーの上昇の波に対する修正波(白サイズの下降トレンド)が崩れた時点では

ラインから押し目買いが入ってきているという判断の基、攻めていきます。

ですので、ライン が本当に押し目買いポイントなのか、

ひょっとしたらもう一段下のライン まで押しを探る

下落の展開になるのではないか・・・という確認作業が出てくるのは、

ライン からの白サイズの上昇トレンドがグレーサイズの上昇トレンドへと

波及(ラインa の上抜け)していく過程で、

もたついてなかなかラインa などの高値ラインを上抜けることができずに

小さな揉み合いなどを形成してからなので、もっと後になってきます。

ですので、このようにチャート背景(上位足の波)が同じ方向を向いているときは

強気に攻めていくくらいがちょうどいいです。



◆チャート背景が下降トレンド(オレンジ矢印)を
 形成している場合


グレーの上昇の波がオレンジサイズの下落の波の修正波となり、

オレンジサイズの下落の波に対する戻り売りにも配慮しながらとなりますので

“エントリーの基本形”が出たからといって即ロングとはいかない。

確認すべきことが増えますし、そもそもグレーの上昇の波が出たからといって

この上昇トレンドについていきたいという戦略にはならない。


仮にロングを狙うとしても、

(この状況化で別にロングを狙う必要もありませんが、便宜上ね^^;)

ワンサイズ大きい波に対して逆行するわけですから

短期決済が条件として、少なくともふたつは確認すべきことがあります。


まずひとつは、ラインa がどこまで上昇しているか。

ラインa がオレンジサイズの下落の波に対する戻り売り候補であるライン

タッチしていれば、ここから戻り売りが入ってくる可能性も高くなるので

そのチャート背景では“エントリーの基本形”が出てもロングでエントリーはしづらい。

ですので、ラインa は少なくともまだライン に達しておらず、

戻り売り候補ラインまで伸びる余地がある必要がある。


もうひとつはライン がどこで止まっているか。

これもラインa と同様の考えで、

グレーサイズの上昇の波に対する押し目買い候補に

当たっているかどうかの確認が必要になってきます。

押し目買い候補であるライン にタッチしていれば

グレーサイズの上昇の波に対する買いが入りやすくなり、

届いていなければ下げる余地があるということになります。


これらを踏まえると、

チャート背景が下降トレンド(オレンジ矢印)を形成している状況化で

“エントリーの基本形”でロングでエントリーするためには

ラインa がワンサイズ大きい波の戻り売り候補(ライン )に達しておらずに

ライン がグレーサイズの上昇の波に対する押し目買い候補(ライン )に

タッチしている条件が揃ったときにはじめて、

短期決済を心掛けてロングとなります。





このように短期の一部分が同じでも、

チャート背景が違えば、考え方・戦略も変わってきて

確認すべきことも変わってきます。

上記で書いたこともあくまでひとつの例で

いろんなチャートの形があるわけですから

確認すべきこと、考え方もさまざまです。


こんなことを書くと「むずかしいなぁ~」と思われそうですが^^;

波の基本であるダウ理論をおさえておけば

あとは各サイズの波と照らし合わせて、

その場の状況化で最善の戦略をチョイスするだけです。

「だから、それが難しいんよ!」ってことですよね^^;

そう、何回も書いてますが、

結局はチャート検証を繰り返してってことになるんですよね。


こんなもん読んだだけで

すぐに素敵なエントリーができるわけなんかありません。

トレードは一朝一夕にあらず。。。日々精進です、はい^^


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2017年01月01日 00:09 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Sigur

Author:Sigur


はじめまして!
日々チャートと睨めっこをしている30代後半の専業トレーダーです。

トレード手法はダウ理論を基軸としたレジサポ水平線のみです。
『Simple is best』です、はい!

まだまだトレーダーとしては未完成ですが、日々のトレードなどを記録していきたいと考えていますので宜しくお願いします!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

質問等ございましたら、お気軽に♪
検索フォーム
免責事項
当ブログの内容はあくまで個人的な見解によるもので、決して特定の取引を推奨するものではありません。 当該情報の為に利用者の方が損害を被った場合でも当ブログは一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。

ブログランキング
一日一回クリックお願いします♪
ブログランキングが上がると僕のブログ更新意欲もUPします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
毎度ありがとうございます!!!
FX歴2年で勝ち組!?
FX歴2年で半年間以上月間トータル負けなしの友人N君とは!?
↓↓↓↓↓
FX歴2年、友人N君の場合


これからFXを始める方や、未だに辛酸を舐めている方、必見!
僕SigurがN君に
伝えたこと・実践していること

↓↓↓↓↓
ダウ理論 全8話

エントリーの基本形①

エントリーの基本形②

自己管理
~エントリー記録をつける~


自己管理
~負けトレードは宝の山~


自己管理
~必要な損切り~


マイルール
~N君の場合~



ただいまのランキング!
ポチッとお願いします♪
VISITOR
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。