FC2ブログ

Slow Life Slow FX

~ダウ理論でチャートから優位性を見出す~
Slow Life Slow FX TOP  >  今週の展望

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ --年--月--日 --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今週のドル円

今週のドル円ですが、

僕の見てる波と水平線を引いたチャート画像です。

戦略等、細かいことはちょっと書く時間がないので

ご想像におまかせします^^;



ドル円日足
20151213usdjpy1d.png
ドル円4時間足
20151213usdjpy4h.png
ドル円1時間足
20151213usdjpy1h.png

ブログランキングの応援ポチもお願いしますね^^
     ↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ



ちょっとだけ簡単に書くと、、、

日足はピンクの下落の波とオレンジの上昇の波がガッチンコ。

そのやり取りを下位足4時間で見ると、

オレンジの上昇の波を形成する要因となった青枠買いゾーンXに

グレーの下落の波が突っ込んできてるところです。

売り方さんは、このグレーの下落の波を継続して

青枠買いゾーンXの下抜けを狙いたい。

買い方さんは、グレーの下落の波を崩したいわけですから

レート122.230の上抜けを狙っていきたい。

そのためには1時間足で見ると、

グレーのワンサイズ小さい白サイズの修正波が転換した

赤枠の転換売りゾーンYをまずは上抜けたいといけません。


ですので、とりあえずは

この白の下落の波が継続するか否かを見ていき

戦略を練っていく感じです。



まぁ、年末相場ですので

需給のバランスが崩れやすくレートが暴れる可能性もありますので

いつも以上に、焦らず気負わずぼちぼちいきましょ~^^
スポンサーサイト



◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年12月13日 17:29 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望10/12~10/16】

ドル円の展望でもひとつ・・・

ただね、、、どうしようもないレンジですからね。

なんだかんだ今からグタグタ書いたところで

探り探りには変わりありません^^;


なんの面白味もないドル円のチャートですが、

現状のドル円をどんな波で見てるかだけでも書いてみようかと。

応援クリックができるくらいお暇な方は

ブログランキングバナーをポチッとしてから見てみてくださいね^^;
     ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ




ドル円日足
20151011usdjpy1d.png
日足では年初来高値125.850からの下落により

ピンクサイズの下降トレンドを形成しています。

ただ、そこから停滞状態に入りきれいなレンジを形成。

このレンジは週足サイズの上昇の波に対する押し目買いと

ピンクサイズの下落の波に対する戻り売りとが

がっちんこして、買いと売り圧力が均衡してレンジとなっています。

ドル円4時間足
20151011usdjpy4h.png
安値116.120から切り返す動きを見せていたオレンジサイズの上昇の波に対して

レート118.440から押し目買いが入ってレート121.640まで上昇。

しかし、そこからトレンドを継続させるのか崩れるのかというところで

下限ライン118.440、上限ライン121.640の間で

高値切り下げ、安値切り上げて収斂しながらレンジを形成しています。

レンジ内ではワンサイズ小さいグレーサイズの波が

トレンドを形成するが三波目以降が続かずに

コロコロとトレンドを転換しながら現状はトレンドレスとなっています。

ドル円1時間足
20151011usdjpy1h.png
今月の雇用統計を受けて、レート121.240からグレーサイズの下降トレンドを形成。

しかし、雇用統計でつけた高値を先週にあっさり上抜けたことにより

グレーサイズの下降トレンドが崩れてトレンドレスとなりました。

その後レート119.620まで下落したのち、切り返す動きを見せて週を引けたんですが

今後、レート118.685からのグレーサイズの上昇トレンドを形成するのか、

はたまた上昇トレンドを形成できずに、新たにレート120.565からの下降トレンドを

形成するのかはまったくわからない状況です。

ですので、ひとまずはレート118.685からの上昇の波に対する押し目買いと

レート120.565からの下落の波に対する戻り売りとの攻防になっていますので

この売り買いの攻防がどちらに決着がつくのかをさらに小さい白サイズの波を

見ながら判断していきたい。

現状は白サイズの波は下降トレンドから上昇トレンドへと転換したところですので

この上昇トレンドが継続するか否かを見ていきたい。





はい、いろいろ書きましたが

簡単にいうと、、、

よぉわからんから様子見です^^;

先週同様に出来上がる短期の波を見て

探り探りですわ。。。

どっちかというとユロドルのほうがチャート背景はもうちょっとわかりやすいんで

ユロドルのほうがええかもね。

ただ、さわるとしても波の振れ幅には気をつけたい。

差し込み方が結構深いんでエントリーするタイミング、

LCラインの設定には再三の注意が必要かなと考えてます。


てな感じで今週も

気負わず、ぼちぼちいきましょ~^^


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年10月11日 19:51 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望9/28~10/2】

特に書くこともなかったんで

今週のドル円の展望をざっくり簡単に書いて見ます^^



ドル円2時間足
20150927usdjpy2h.png
ここ最近ずっとレンジ相場ですね。

上限レート121.640、下限レート118.440の間でごちゃごちゃやってます。

ただ、レンジ内でもトレンドを形成しますのでその波を見ながら戦略を立ててます。

僕はグレーサイズの波に注目していて

レート121.640からレート118560まで下降トレンドを形成していましたが

このトレンドは継続することなくレート121.320まで上昇したことにより

一旦はトレンドレスとなります。

そこから今度はレート119.390から押し目買いを入れて

上昇トレンドへの転換を狙うも買いが続かずにレート119.390を下抜けて

レート119.050まで下落。

これにより、一旦トレンドレスとなっていたグレーサイズの波が

再度、レート121.320から下降トレンドを形成し直します。


で、先週にこの下降トレンドの継続を狙う戻り売りが

レート120.660から入るも、直近安値119.050を下抜けることができずに、

レート120.660を上抜けて戻り売りが失敗。

これによりレート119.050から高安切り上げとなり、

グレーサイズの下降トレンドは上昇トレンドへと転換となりました。


いまだに上限レート121.640、下限レート118.440のレンジ内ではありますが

グレーサイズの下降トレンドが2回も否定されて

今度は上昇トレンドへと転換してきたので、

このレート119.050からの上昇トレンドを形成したグレーサイズの波を基準として

レンジ上限ライン121.640の上抜けを試す動きを狙ってみたい。



これらを踏まえて下位足の波を見ながらですね^^

金曜の高値からグレーサイズの上昇トレンドに対する調整となってるので

この修正波がどこまで差し込んでいくか、そしてどこで転換するかを見極める感じかな。

そのためにはレート119.225からの上昇波もワンサイズ小さい波を見て細分化しとかないとね。


まぁ、今週は雇用統計の週なんで

重要指標が目白押しですので

気負わず、ぼちぼちいきたいと思います^^


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年09月27日 17:24 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望9/14~9/18】

昨日の記事で簡単ですが

ドル円の展望を書いたんで、ユロドルとユロ円に関しても

簡単にですが、書いてみようかと思います。



ユーロドル日足
20150913eurusd1d.png
日足サイズの波はレート1.04620まで下降トレンドを継続しながら下落してきたのち、

切り返す動きを見せてレート1.15340を上抜け。

これにより、レート1.04620から上昇トレンドを形成しています。

日足で見る限りでは、この上昇トレンドについていきたい。

そのためには、現状が高値1.17140から押しを探る展開となって

下げ止まったかどうかというところですので、日足サイズの押し目買いが入った

レート1.08090からの上昇の波を下位足に落とし込んで見ていきたい。

ユーロドル4時間足
20150913eurusd4h.png
オレンジの上昇トレンドに対する押し目買い候補であるレート1.12130付近で

一度は下げ止まったかのようにみえたが、ラインyから戻り売りが入り、

レート1.17140からワンサイズ小さいグレーの下降トレンドを継続させる。

しかし、オレンジの上昇トレンドを崩す(レート1.10175の下抜け)ことなく

ラインz から切り返す動きを見せて先週末にラインyを上抜け。

これによりグレーサイズの下降トレンドは一旦終了、トレンドレスとなる。

グレーサイズの波は上昇トレンドへと転換したわけではないが

オレンジの上昇トレンドが崩れることなくラインyを上抜けたことにより、

ラインzが日足サイズの押し目買いポイントと成り得る可能性が出てきた。

ですので、ラインzからの切り返す動きを見せている上昇の波が崩れるまでは

ラインzが日足サイズの押し目買いポイントであると考えて攻めていきたい。

ユーロドル1時間足
20150913eurusd1h.png
ラインzから切り返す動きを見せている上昇の波をグレーサイズのワンサイズ小さい

白サイズの波で見て、このラインzからの上昇トレンドが崩れるまではロングでついていきたい。

しかし、白サイズの波でもかなりの値幅があるのでさらに小さい波に落とし込む必要がありそう。

そのときに気をつけたいことはユーロドルの波の振り幅を考えると

ある程度差し込んでくる可能性も頭に置いておきたい。

ですので、短期の波(白サイズより小さい波)が簡単に崩れる可能性もあるということと、

短期が崩れたからといって簡単に目線を下に切り替える行為も危険である。

とりあえずは白サイズの上昇の波に注目しながら、

出来上がる短期の波で判断していきたい。




てな感じです^^;

ようは振り幅に気をつけながら戦略を練っていこうってことです。

まぁ、無理に攻めていかなくてもええかなって僕は思ってます。

ドル円で十分戦っていけそうなんで^^

これでもかってチャンスがあればぐらいで見てます。


ユロ円に関しては、、、

日足を見る限りでは触りたい気にもなりません。。。

ユーロ円日足
20150913eurjpy1d.png
上にいきたいのか、下にいきたいのか・・・

僕にはまったくわかりません^^;

ですので、引き続きスルーです。。。



ということで、今週もドル円メイン、横目でユロドル

というスタンスでぼちぼちいきたいと思います^^


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年09月13日 18:34 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望7/20~7/24】

■ドル円のチャート背景

ドル円日足
20150719usdjpy1d.png
4・5月に揉み合ったゾーン(118.330-120.840)まで差し込んだのち

日足サイズの押し目買いが入ってきて、6月に揉み合ったゾーン(122.455-124.620)まで

突っ込んできたところです。

このまま買い勢いが勝り6月に揉み合った上限ライン124.620を上抜けて

年初来高値更新を試す動きになるか、6月に揉み合ったゾーンが重しとなり

一旦売りを受ける形となるかを下位足を見ながら判断していきたい。

ドル円4時間足
20150719usdjpy4h.png
3/10高値122.020を下抜けたオレンジの下降トレンドが安値120.410をつけてから

切り返す動きを見せてレート122.925を上抜け。

オレンジの下降トレンドは終了となり、レート122.925がレジサポ転換して

6月に揉み合ったゾーンを下抜けた波の売り起点ラインであるレート123.985をも上抜け。

このまま6月に揉み合ったゾーンの上限ライン124.620の上抜けを試すかどうかを

レート120.410からのオレンジの波のワンサイズ小さい波を見て判断したい。

ドル円1時間足
20150719usdjpy1h.png

今週の展望
オレンジの下降トレンドが終了となったので

とりあえずはレート120.410からの上昇の波についていき

レジ124.620の上抜けを狙っていきたい。

ただ、ほとんど売りを受けずに上昇してきたこともあるので

一旦売りを受ける可能性も含めて、

まずはオレンジのワンサイズ小さいグレーの上昇の波が継続するか否かを見ていきたい。

仮にグレーの上昇トレンドが終了(レート122.910の下抜け)した場合は

今度はレート120.410からのオレンジの上昇の波に対する押し目買いと

レート122.910を下抜けた下落の波に対する戻り売りとの攻防に移っていくので

そうなると揉み合う可能性も出てくるのでこれらを踏まえながら

下位足のチャート形成を見ながら戦略を練っていきたい。


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年07月20日 02:18 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望7/13~7/17】

とうとうサボってしまった。。。

『今週の展望』は1年前くらいから毎週かかさずやってたんですが

ここ最近、なんか記事として意味を見出せなくなってたから

とうとう書く意欲がゼロになって更新しませんでした^^;

今までは習慣になってたんで

記事を書かないといけないみたいな感じでやってましたが

一回サボったら次サボるのはどってことなくなってきます^^;

まぁ、完全に『今週の展望』を止めるつもりはないんで

不定期くらいでやっていこうかなって感じです。

あとはもっと簡素化していこうとも考えてます。




早速、昨日サボってしまったってものありますが^^;

画像だけ貼り付けておこうと思います。

ドル円日足
20150712usdjpy1d.png
ドル円4時間足
20150712usdjpy4h.png
ドル円1時間足
20150712usdjpy1h.png

失敗した・・・

日足と4時間足とに描いてる波の矢印の色を

いっしょにしてしまった。。。

色はいっしょですが波のサイズは違います^^;


日足で見ると、

4・5月で揉み合ったゾーン(118.330-120.840)と

6月に揉み合ったゾーン(122.455-124.620)との間に

レートがありますんで

この揉み合ったゾーンのどちらが強いのかを見極めるために

とりあえずは日足・オレンジ・グレーサイズの波を意識しながら

さらにこれから出来上がる短期の波を見て戦略を練っていこうと思ってます。



まぁ、簡単ですが今週はこんな感じで

チャートを見ながら、ぼちぼちいきます~^^


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年07月13日 10:25 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望7/6~7/10】

■先週の振り返りを含めた今週の展望

ドル円日足
20150705usdjpy1d.png
下値を固めていたレート122.455を下抜けとなるが、

日足サイズの押し目買い候補である3/10高値122.020付近から

買いが入り、再度上のゾーンへと押し上げてきたところです。

ただし、日足だけではいまだに日足サイズの押し目買いが入ってきているとは

判断しがたい状況。

ここからさらに押し目を探る下落の展開も捨てきれないので

下位足を見ながら、今後の方向性を見極めたい。


ドル円4時間足
20150705usdjpy4h.png
ドル円1時間足
20150705usdjpy1h.png
前回の見立てとしては、『今週の展望6/29~7/3』の記事から抜粋すると、

>4時間足を見ると、レート118.885-125.850の上昇の波に対する押し目買いと
>レート125.850-122.455の下落の波に対する戻り売りとの攻防中で
>上限ライン124.620、下限ライン122.455との間でレンジを形成していて
>トレンドレスとなっています。
>ただ、レンジ幅が2円近くあり、下位足サイズの波はトレンドを作っているので
>下位足を見ながらレンジをどちらに脱するかを見極めたい。
>これらを踏まえて、1時間足を見ると、
>前週にレンジ上限から下限まで下に振った波に対して
>この下落の波を否定するオレンジ矢印の上昇の波を形成していますので
>まずはこのオレンジの上昇の波が継続するか否かに注目したい。

今週を振り返ると、

月曜日に大きく窓を開けてのギャップダウンスタートとなり、レート122.455を下抜け。
これにより、レンジ形成していた下値を割ったことによりレート124.375から下降トレンドを形成。

しかし、日足サイズの押し目候補でもある3/10高値122.020にタッチしたこともあり
切り返す動きを見せて一気に上昇。

その後、前週までのレンジをブレイクした波124.375からの下落の波を形成する要因となった
売りゾーンに差し込んだこともあり、頭を抑えられて週を引けた。


今週の展望
現状は前週までのレンジをブレイクしたレート124.375からの下落の波に対する戻り売りと

日足サイズの押し目買い候補にタッチした

レート121.930からの上昇の波に対する押し目買いとの攻防中です。

ただし、現状は年初来高値125.850からの下落を受けて

レート124.455で下げ止まってからのレンジ形成を下にブレイクしてきたわけですので

このレンジブレイクしたレート124.375からの下落の波が継続するか否かを見ていき

崩れることがないと判断できればさらなる押し目を探る下落の展開を狙っていきたい。

ですので、とりあえずはレート121.930からの上昇の波に対する押し目買いが

入ってくるかどうかを見極めながら戦略を練っていきたい。





なんかよくわかりにくい展望になりましたが^^;

要はレート124.375からの下落の波が結構強いと見てるんで

この波が崩れないんであれば下目線メインで戦略を立てようかなって感じです。

ただ、日足サイズの押し目買いも気になるんで

レート121.930からの上昇の波に対する押し目買いもケアしながら

出来上がるチャートを見ながら判断していこうかなって。


まぁ、いつものようにその場その場のチャート形成を見ながらなんで

今週の展望なんてあってないようなもんですね^^;

最近、ちょっと記事内容のクオリティーが落ちてきてるというか

ざっくり表現ばっかになってます。。。

ちょっと飽きてきた感も否めない。。。

まぁ、それでもざっくりとですが自分の予習にもなってるんで

まったく意味のないことをしてるわけでもないと思ってるんで

今後も適当に書いていこうかな~って感じです^^;


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年07月05日 17:47 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望6/29~7/3】

■先週の振り返りを含めた今週の展望

ドル円日足
20150628usdjpy1d.png
日足は上昇トレンドを形成していて、

レート122.455から日足サイズの押し目買いが入ってきているかどうかを

下位足が確かめている状況でレンジを形成しています。

現状ではレート122.455が日足サイズの押し目買いポイントかどうかは

まだわからない状況ですので、これらを踏まえて

下位足のレンジ相場を見ていきたい。


ドル円4時間足
20150628usdjpy4h.png
ドル円1時間足
20150628usdjpy1h.png
前回の見立てとしては、『今週の展望6/22~6/26』の記事から抜粋すると、

>先週はレート122.455が日足サイズの押し目買いポイントとなり得るか否かを探っていたが、
>レート122.455からの上昇の波は1時間足サイズの下落の波(125.850-122.455)を
>形成する要因となった売りゾーン(上限ライン124.620)に頭を抑えられてほぼ全戻しとなる。
>さらに、なんとかレート122.455を割ることなく、反転の動きを見せた短期上昇の波も
>レート124.440からの下落の波を形成する要因となった売りゾーンに頭を抑えられて
>再び、レート122.455まで売り戻されている。
>これらを踏まえると、レート122.455が日足サイズの押し目買いポイントとなり得ずに
>さらなる押し目を探る下落の展開になる可能性が高くなった。
>ですので、とりあえずはレート124.440からの下落の波に注目して
>レート122.455の下抜けを狙っていきたい。
>ただし、仮にレート122.455を下抜けたとしても長期の目線は上に変わりないので
>常に長期の押し目買いがどこから入ってきてもおかしくない状況であることは
>頭の片隅に置いておきたい。

今週を振り返ると、

週初から買いが入り、レート124.440からの下落の波を形成する
要因となった売りゾーンに再度差し込む形で上昇。

一旦売りを受けるが、前週金曜日の安値からの短期上昇の波が勝り、
この売りゾーンを上抜け。

さらに買い勢いは衰えず、上昇トレンドをキープしながら
レート124.440付近までほぼ全戻しで買い戻すが、上位足の売りゾーンに
再び差し込んだこともあり、頭を抑えられてレジ124.620からの売りを受ける。

しかし、前週金曜日安値からの上昇の波に対する押し目買いらしき買いが入り
切り返す動きを見せて週を引ける。


今週の展望
4時間足を見ると、レート118.885-125.850の上昇の波に対する押し目買いと

レート125.850-122.455の下落の波に対する戻り売りとの攻防中で

上限ライン124.620、下限ライン122.455との間でレンジを形成していて

トレンドレスとなっています。

ただ、レンジ幅が2円近くあり、下位足サイズの波はトレンドを作っているので

下位足を見ながらレンジをどちらに脱するかを見極めたい。

これらを踏まえて、1時間足を見ると、

前週にレンジ上限から下限まで下に振った波に対して

この下落の波を否定するオレンジ矢印の上昇の波を形成していますので

まずはこのオレンジの上昇の波が継続するか否かに注目したい。





まぁ、これらすべてを踏まえて

下位足に落とし込んで見ていくんですが、、、

下位足の現状はオレンジの上昇の波を形成する要因となったサポラインxからの

買いが入って、24日高値からの下落の波を形成する要因となったレジラインyに

突っ込んできたところです。

このラインyを上抜いてくるようであれば

オレンジの上昇の波に着いていこうかなって考えてます。

一方、ラインyに頭を抑えられて26日の安値付近まで売り戻されるようであれば

ちょっと様子見したいですね。

ロングもショートも決定打にかけますよね。

さらにラインxも下抜けるようであれば、

その後のチャート形成を見ながらになりますが

ちょっと下っぽいかな。


まぁ、前回の記事にも書きましたが、

そのとき、そのときのチャート形成もありきなんで

なんともいえませんが、

ざっくり書くと124.620と122.455のレンジ内で

さらにその中でラインxとラインyのレジサポの間に

レートがありますよってことに意識したいです。


今週はギリシャ問題も気になるところですし、

雇用統計も控えていて重要指標も目白押しの週なんで

いつも以上に注意しながらぼちぼちいきたいですね^^

ちなみに独立記念日の絡みで雇用統計は木曜日やったと思います。

一応、みなさん自分で確認してみてくださいね。


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年06月28日 15:15 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望6/22~6/26】

■先週の振り返りを含めた今週の展望

ドル円日足
20150621usdjpy1d.png
日足サイズの上昇の波に対する押し目買いらしき買いが

レート122.455から入ったが、ここからの買いが続かずにほぼ全戻しとなっています。

現状ではこのレート122.455を割ったわけではないが

ほぼ全戻しされたことを考えると、さらなる押し目を探る下落の展開になる可能性が高く思われる。

これらを踏まえて、レート122.455で売り止まるか、

さらなる下落となっていくかを下位足の波を見ながら判断していきたい。


ドル円4時間足
20150621usdjpy4h.png
ドル円1時間足
20150621usdjpy1h.png
前回の見立てとしては、『今週の展望6/15~6/19』の記事から抜粋すると、

>現状は4時間足サイズの上昇の波(118.885-125.850)に対する押し目買いと
>1時間足サイズの下落の波(125.850-122.455)に対する戻り売りとの攻防中で、
>レート122.455から切り返す動きを見せているが、
>このレートが日足サイズの押し目買いポイントとなり得るか否かを見極めたい。
>レート122.455が押し目買いポイントとなり得るのであれば
>年初来高値からの下落の波を崩す動きとなるわけで、
>一方、押し目買いポイントとなり得ないのであれば
>年初来高値からの下落の波がトレンドを継続するわけですので
>まずは、この下落の波(125.850-122.455)に注目しながら
>レート122.455からの切り返す動きを見せている上昇の波が
>継続するか否かを見ていきたい。

今週を振り返ると、

4時間足サイズの上昇の波に対する押し目買いと
1時間足サイズの下落の波に対する戻り売りとの攻防で
売り買いともに一歩も譲らずで小さなレンジを形成、横ばい状態となる。

この小さなレンジを上にブレイクするとじわじわ上昇していき、
1時間足サイズの下落の波を形成する要因となった売りゾーンまで差し込んでいくが
FOMCを受けてここから一気に大きく下落。

一旦はレート122.455から切り返す動きを見せていた
短期上昇の波を形成する要因となった買いゾーンで売り止まるが
反転するまでの買い力はなく、再度売りが入りレート122.455まで売り戻される。

このレート122.455にタッチしたのちは売り止まりはしたが
FOMCからの下落の波を形成する要因となった売りゾーンに抑えられて
再びレート122.455まで売り戻されて週を引けた。


今週の展望
先週はレート122.455が日足サイズの押し目買いポイントとなり得るか否かを探っていたが、

レート122.455からの上昇の波は1時間足サイズの下落の波(125.850-122.455)を

形成する要因となった売りゾーン(上限ライン124.620)に頭を抑えられてほぼ全戻しとなる。

さらに、なんとかレート122.455を割ることなく、反転の動きを見せた短期上昇の波も

レート124.440からの下落の波を形成する要因となった売りゾーンに頭を抑えられて

再び、レート122.455まで売り戻されている。

これらを踏まえると、レート122.455が日足サイズの押し目買いポイントとなり得ずに

さらなる押し目を探る下落の展開になる可能性が高くなった。

ですので、とりあえずはレート124.440からの下落の波に注目して

レート122.455の下抜けを狙っていきたい。

ただし、仮にレート122.455を下抜けたとしても長期の目線は上に変わりないので

常に長期の押し目買いがどこから入ってきてもおかしくない状況であることは

頭の片隅に置いておきたい。






まぁ、とりあえずは下を狙っていきたいとは考えてますが

レート124.440からの下落の波が崩れるようであれば、長期の押し目買いが入ってきてる

可能性も高くなってくるので、そうなってくれば目線を切り替えてロングで攻めていきたいです。

要するに、出来上がるチャートを見ながら臨機応変にということですね^^;


結局はチャートを見ながらが大前提なんで

今週の展望なんて、あってないようなもんですよね^^;

最近そんなことを思いながら記事を書いていて

なんか意味ないし、『今週の展望』はやめようかと思ってます。

ただ、止めたら日曜日に書く記事内容がなくなっちゃうんで、、、


記事更新がなくなる→応援クリックが少なくなる→ブログランキングが落ちる・・・

・・・ブログ更新する気がなくなる。。。


となりそうなので^^;

なんかええ記事ネタを考えながら

思いついたらそっちにシフトしようかなって考えてます。

まぁ、どうなるかわかりませんが・・・

ブログのほうもぼちぼちいきたいと思います^^


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年06月21日 17:45 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望6/15~6/19】

■先週の振り返りを含めた今週の展望

ドル円日足
20150614usdjpy1d.png
日足ではきれいな上昇トレンドを描いて、6/5に年初来高値125.850をつける。

そこから押しを探る下落となり、レート122.455で売り止まっています。

このレートが日足サイズの押し目買いポイントとなり、高値切り上げの

上昇トレンドを継続させるかどうかといったところですので、

まずはレート122.455が日足サイズの押し目買いポイントとなり得るか否かの判断となってくる。

これらを踏まえて下位足を見ていきたい。


ドル円4時間足
20150614usdjpy4h.png
ドル円1時間足
20150614usdjpy1h.png
前回の見立てとしては、『今週の展望6/8~6/12』の記事から抜粋すると、

>前週と大きな変化はなく、日足・4時間・1時間足すべてが上を向いています。
>また、月足のレジスタンスラインであった124.130も明確に上抜けているので
>基本はロング戦略で、1時間足サイズのレンジで揉み合っていたゾーンを
>利用して押し目買いを狙っていきたい。
>ですので、これらを踏まえて下位足に落とし込んで
>この1時間足サイズの揉み合ったゾーンを細かく見ていき、ロングで攻めていく上での
>下値を把握しておきたい。
>また、このゾーンまで差し込まずに浅押しで高値を切り上げていく可能性もありますので
>売りが入ってこないようであれば買いでついていきたいので
>どちらにしろ、短期の出来上がるチャート形成を見ながら判断していきたい。

先週を振り返ると、

週初から売りが入ってきて、一旦は一番浅い押し目買い候補である
6/2高値125.050付近で売り止まったかと思われたが、
買いが続かずに前週に揉み合ってたゾーンまで差し込む下落となる。

このゾーンからの転換狙いらしき買いが入るが
要人発言もあり、一気に2円近くの下落。

安値122.455をつけてからは切り返す動きとなるが、
年初来高値からの下落の波を形成する要因となった売りゾーンに
頭を抑えられる形で週を引けた。


今週の展望

現状は4時間足サイズの上昇の波(118.885-125.850)に対する押し目買いと

1時間足サイズの下落の波(125.850-122.455)に対する戻り売りとの攻防中で、

レート122.455から切り返す動きを見せているが、

このレートが日足サイズの押し目買いポイントとなり得るか否かを見極めたい。

レート122.455が押し目買いポイントとなり得るのであれば

年初来高値からの下落の波を崩す動きとなるわけで、

一方、押し目買いポイントとなり得ないのであれば

年初来高値からの下落の波がトレンドを継続するわけですので

まずは、この下落の波(125.850-122.455)に注目しながら

レート122.455からの切り返す動きを見せている上昇の波が

継続するか否かを見ていきたい。





だからどうしたいのよって感じですが^^;

いまのところは1時間足サイズの波では

上・下決め込んで攻めていくだけの材料がありません。。。

ですので、とりあえずはこれらを踏まえて

短期足に落とし込んで、獲りに行くとしても短期サイズの波を・・・

てな感じかな。

裏を返せば、レート124.620-122.455の間でレンジを形成する可能性も

秘めてるってことなんで、そこらへんも頭にいれつつですね。


まぁ、僕自身はちょい下かなぁ~なんて見てるんですが、

理由は金曜日の記事で書いたと思います。

あくまで推測の域は出ないですがね^^;

ただ、週を引けて短期のチャートを見る限りでは

レート122.455が押し目買いポイントかどうかを確かめにいく動きは出そうな・・・

気もするような、しないような・・・^^;

そこらへんについてはおまけで画像つけときます^^

画像のみなんで、なんのこっちゃかわからないと思いますので

興味がなければスルーしてください^^;

最後に『記事よかったよ、また次回も見たいね。』と思われた方は
応援ポチッとお願いします♪
    ↓ ↓ ↓


人気ブログランキングへ

■応援ポチっとしてくれた方へのおまけです^^
ドル円15分足
20150614usdjpy15m.png


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年06月14日 15:43 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望6/8~6/12】

■先週の振り返りを含めた今週の展望

ドル円日足
20150607usdjpy1d.png
日足はきれいな上昇トレンドを形成しています。

年初来高値を続伸している状態なので

今週も現状の上昇トレンドについていく形となります。

ただし、押しを探る下落の展開になれば

下位足ではそこそこの下降トレンドを形成する可能性もありますので

なんでもかんでもロングで。とはいきませんので

下位足を見ながら戦略を立てていきたい。

ドル円4時間足
20150607usdjpy4h.png
ドル円1時間足
20150607usdjpy1h.png
前回の見立てとしては、『今週の展望6/1~6/5』の記事から抜粋すると、

>日足、4時間、1時間足すべてが上を向いています。
>戦略としてはロングしかないといった状況ですが、
>月足サイズのレジに当たって横ばいとなっていますので
>ここから一気に利益確定売りなどに押されて押しを探る下落の展開へと
>なっていく可能性も秘めています。
>また、ここまでほとんど売りをこなすことなく一気に上昇してきたこともあり
>深く差し込んでいくことも頭に置いておきたい。
>かといって、現状の強い上昇を考えると下落の展開ばかりに偏るのも危険ですので
>基本としては、下位足を見ながら売り止まっているのを確認して
>ロングで攻めていきたい。
>また、押しを探る下落の展開になれば、その下落の波がどこまで継続するか
>否かを見極めながら戦略を練っていきたい。

先週を振り返ると、

週初から買いが入り、大台の125円台まで上昇するが、
そこからの買いが続かずにまとまった売りが入り、A字で売り戻される。

しかし、下値も固く売り崩されることはなく1時間足サイズのレンジを形成。
金曜日の雇用統計でこのレンジを上にブレイクして
年初来高値を切り上げて高値圏を維持したまま週を引けた。


今週の展望
前週と大きな変化はなく、日足・4時間・1時間足すべてが上を向いています。

また、月足のレジスタンスラインであった124.130も明確に上抜けているので

基本はロング戦略で、1時間足サイズのレンジで揉み合っていたゾーンを

利用して押し目買いを狙っていきたい。

ですので、これらを踏まえて下位足に落とし込んで

この1時間足サイズの揉み合ったゾーンを細かく見ていき、ロングで攻めていく上での

下値を把握しておきたい。

また、このゾーンまで差し込まずに浅押しで高値を切り上げていく可能性もありますので

売りが入ってこないようであれば買いでついていきたいので

どちらにしろ、短期の出来上がるチャート形成を見ながら判断していきたい。





まぁ、ざっくり書くと、、、

ロングで構えておいて

入れそうなところが出てきたらロングで攻めていきましょか

っていうスタンスです^^;

あとは無理する必要はないと思いますが、

先週のように短期でショートが狙えそうであれば

それも拾っていこうかなとも考えています。


あくまでイメージですが、

こっからさらにズコズコ上昇していくのもちょっと考えづらいんで

ある程度の売りも意識しながら戦略を練っていこうかなと。

なんだかんだで5月中旬から7円近く上昇してるんで

押しを探る下落の展開も気になりますもんね。

まぁ、値ごろ感の話しなんで

基本はチャート形成を見ながらですので

いつも通り、出来上がるチャートを丁寧に見ながら

攻めていきたいです^^


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年06月07日 18:58 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(0)

【今週の展望6/1~6/5】

■先週の振り返りを含めた今週の展望

ドル円日足
20150531usdjpy1d.png
日足サイズのレンジ(118.330-120840)を上にブレイクしたことにより

一気に買いが入り、年初来高値を更新。

現状では左の波は月足まで遡らないと見えてこない状況で、

ちょうど月足サイズの史上最高値をつけた75円の下落の波の

売り起点ラインである124.130にタッチしたところです。

ですので、ここからは目線は上ですが

次なる目標が定まりにくいということもありますし、

また、月足サイズでの目標達成による利益確定売りなどが入ってくる可能性もあり、

戦略が立て難く感じられる。

かといって、手ぐすね引いて待ってても仕方ないので

目線は上にかわりないので下位足を見ながら戦略を立てていきたい。


ドル円4時間足
20150531usdjpy4h.png
ドル円1時間足
20150531usdjpy1h.png
前回の見立てとしては、『今週の展望5/25~5/29』の記事から抜粋すると、

>これまで日足サイズでレンジを形成して
>このレンジ下限が長期上昇トレンドの押し目買いポイント(レート118.330)となり得るか、
>レンジ上限が年初来高値からの下落の波に対する戻り売りポイント(レート120.840)と
>なり得るかの買い方、売り方の攻防についに決着がつき、上にブレイク。
>これにより、レート118.330が長期上昇トレンドの押し目買いポイントとなり得る可能性が
>非常に高くなり、今まではっきりしていなかった4時間足サイズの目線も上を向いたことになる。
>ここからは積極的にロング戦略を取っていき、
>年初来高値の切り上げを試す動きを狙っていきたい。
>ですので、まずは1時間足サイズの上昇の波を見ていき
>レート120.640からの上昇の波についていく形になる。
>ただし、このレート120.640からの上昇の波は指標で一気に上げたこともあり
>売りをこなす事なく上昇しているので明確なサポはほとんどない。
>仮に押しを探る下落の展開になれば深く差し込む可能性もあるので
>下位足を見ながら売り止まったのを確認してからロングで入っていきたい。

先週を振り返ると、

週初から売りが入ってくることなく横ばい状態であったが
売りが入ってこないと見ると、一気に買いが入ってきて年初来高値を更新。

その後も買い勢いは止まらずに、ほとんど売りを受けることなく
月足サイズのレジ124.130まで駆け上がっていく。

この月足サイズのレジ124.130にタッチしてからは売り買い交錯で
レンジを形成したまま週を引けた。


今週の展望
日足、4時間、1時間足すべてが上を向いています。

戦略としてはロングしかないといった状況ですが、

月足サイズのレジに当たって横ばいとなっていますので

ここから一気に利益確定売りなどに押されて押しを探る下落の展開へと

なっていく可能性も秘めています。

また、ここまでほとんど売りをこなすことなく一気に上昇してきたこともあり

深く差し込んでいくことも頭に置いておきたい。

かといって、現状の強い上昇を考えると下落の展開ばかりに偏るのも危険ですので

基本としては、下位足を見ながら売り止まっているのを確認して

ロングで攻めていきたい。

また、押しを探る下落の展開になれば、その下落の波がどこまで継続するか

否かを見極めながら戦略を練っていきたい。





すごいざっくりとした表現になってます^^;

上も下もあるよって感じかな。

正直、出来上がるチャートを見ていかないと何とも言えません。。。

まぁ、いつもそうなんですが、、、

ざっくりとしたチャート背景はしっかり把握しながら

それを下位足に落とし込んでいく作業が大事ってことです^^;

で、各々の時間足サイズの波に対するサポートラインがあるんで

そのサポートラインに対してチャートがどのような反応をするかを見ていき

戦略を練っていく感じです。


うん、これまたざっくり表現^^;


まぁ、とりあえずは月足サイズのレジ124.130のところで

モミモミしてるんで、このモミモミが上に抜けるんか、下に抜けるんかを

見ていこうじゃないかって感じです、僕は^^;

ちなみにこのレジ124.130は1時間足で見れば上抜けてると判断できますが

このレジが4時間足サイズのレジやったらそう判断しますが

何分、月足なんで、僕はまだ止まっていると見ています。

ただ、止められているとは考えていません。

要するに止まってるか上抜けているかは、現時点ではグレーです。

その答えはまだまだ先やと思ってます。

これからのチャート形成が出来上がってから答えを出せばいいと考えてます。

焦って、止まっている・上抜けていると決め付けてトレードするのは

危険だと僕は考えています。


まぁ、ごちゃごちゃ書いてもしゃあないんで

今週もぼちぼちいきましょ~ってことです^^

ちなみに今週は雇用統計で重要指標も目白押しなんで

チャートが荒れそうな気もしたり、しなかったり・・・

レートも結構シビアなところにいるんで

いつも以上に注意しながらぼちぼちいきたいです^^

最後に『記事よかったよ、また次回も見たいね。』と思われた方は
応援ポチッとお願いします♪

    ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
■応援ポチっとしてくれた方へのおまけです^^
ドル円15分足
20150531usdjpy15m.jpg


◇最後に『記事よかったよ!次回も読みたい!』と思われた方は
  応援ポチッとお願いします◇

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ
[ 2015年05月31日 14:57 ] 今週の展望 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

Sigur

Author:Sigur


はじめまして!
日々チャートと睨めっこをしている30代後半の専業トレーダーです。

トレード手法はダウ理論を基軸としたレジサポ水平線のみです。
『Simple is best』です、はい!

まだまだトレーダーとしては未完成ですが、日々のトレードなどを記録していきたいと考えていますので宜しくお願いします!

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

質問等ございましたら、お気軽に♪
検索フォーム
免責事項
当ブログの内容はあくまで個人的な見解によるもので、決して特定の取引を推奨するものではありません。 当該情報の為に利用者の方が損害を被った場合でも当ブログは一切の責任を負いかねますので、投資は自己判断、自己責任でお願いいたします。

ブログランキング
一日一回クリックお願いします♪
ブログランキングが上がると僕のブログ更新意欲もUPします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
毎度ありがとうございます!!!
FX歴2年で勝ち組!?
FX歴2年で半年間以上月間トータル負けなしの友人N君とは!?
↓↓↓↓↓
FX歴2年、友人N君の場合


これからFXを始める方や、未だに辛酸を舐めている方、必見!
僕SigurがN君に
伝えたこと・実践していること

↓↓↓↓↓
ダウ理論 全8話

エントリーの基本形①

エントリーの基本形②

自己管理
~エントリー記録をつける~


自己管理
~負けトレードは宝の山~


自己管理
~必要な損切り~


マイルール
~N君の場合~



ただいまのランキング!
ポチッとお願いします♪
VISITOR
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。